愛媛の金買取に身分証明書が必要な理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛で金買取を利用するためには、身分証明書の提示・コピーが必要です。
金買取業者は法的には古物商にあたり、取引は古物営業法の規制を受けます。古物営業法とは盗品の売買を防止・早期発見のための法律で、取引額が1万円以上の場合、誰が何を売ったかを把握するために取引相手の確認を義務付けています。同法15条に本人確認の方法として身分証明書の提示・コピーと自筆の署名が定められているため、身分証明書の提示がなければ愛媛で金を売ることはできません。
取引額が200万円以上の場合には、犯罪による収益の移転防止に関する法律により、本人確認に加え取引目的の確認や疑わしい取引の届け出が義務付けられています。法律の趣旨により、200万円以上の取引では本人確認を強化し、マイナンバーが確認できる書類の提示を求めるケースが増えているようです。

金買取を利用するときに使える身分証明書の種類

愛媛で金買取を利用する場合、本人確認に使える身分証明書には、大きく分けて1点だけでよいものと2点以上必要なものの2種類があります。
運転免許証やパスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードなど本人の顔写真が貼付されているものは1点提出するだけで本人確認が可能です。健康保険証や年金手帳など本人の顔写真が貼付されていないものは2点以上の提示が必要になります。本人確認書類が不十分な場合には、住民票や戸籍謄本、社会保険料・公共料金の領収書などの保管書類が求められることもあるので注意が必要です。求められる書類は業者によって異なるため、事前に確認しておきましょう。
身分証明書は原則として、店頭や出張買取など対面での取引には原本が必要です。宅配取引の場合はコピーでOKとされています。

身分証明書以外にも!押さえておきたい注意点

愛媛で金買取を利用するには、身分証明書の提示以外にも、押さえておくべきいくつかの注意点があります。
まず第一に、取引は本人が行うのが原則です。代理人に依頼する場合には、本人だけでなく代理人の本人確認書類が必要なのはもちろん、本人と代理人の関係を証明する書類が求められることもあるので注意しましょう。
同じ業者を利用する場合でも、本人確認は取引の都度、必要となります。二回目からは不要とはならない点についても注意が必要です。
買取業者はアクセサリーだけでなく、インゴットやコイン、金歯や置物まであらゆる製品を受け付けていますが、メッキ製品は買い取ってもらえません。メッキかどうかを調べるには、刻印や比重を確認する、磁石を利用する方法などがありますが、最近では判断が難しいケースも増えています。迷った場合は買取店で査定してもらうのが確実です。

ピックアップ記事

愛媛の金買取に身分証明書が必要な理由とは

愛媛で金買取を利用するためには、身分証明書の提示・コピーが必要です。金買取業者は法的には古物商にあたり、取引は古物営業法の規制を受けます。古物営業法とは盗品の売買を防止・早期発見のための法律で、取引額...

喜平ネックレスは愛媛 金買取に最も適したアイテム

喜平とはアズキと呼ばれる基本的な鎖の一つひとつのコマを90度ひねり、押しつぶして形を整えたデザインのことで、喜平ネックレスは18Kネックレスの代表的なデザインのひとつです。喜平ネックレスは一般的な鎖に...

愛媛で臨時収入を得るには金買取がおすすめ

切れてしまったネックレスや片方失くしたピアス、今では身につけなくなった若い頃のアクセサリーなど、引き出しの中に眠っているお宝はありませんか?もし、愛媛にお住いのみなさんが使わない金製品をお持ちなら、思...

愛媛の金買取で高額査定になるために必要なこととは

金の買取価格は相場と重量によって決まります。相場価格ははロンドンとニューヨークの市場取引が指標となるため、基本的には世界共通です。しかし、実際には業者ごとに買取価格は大きく異なります。愛媛で金を高く売...


コンテンツ

カテゴリー